ろぐの垂れ流し

LOVE定額の相手に着信拒否されたことあるか?!

映画『ベイビーわるきゅーれ』阪元裕吾 監督

f:id:upaneguinho:20210921171908j:plain

 池袋シネマ・ロサにて口コミで盛り上がっている『ベイビーわるきゅーれ』を鑑賞しました。最近はすっかり引きこもっていたのと、前回スクリーンで鑑賞した『The Lighthouse』が辛過ぎて久しぶりの劇場になりましたが、評判通り満足度高い!


 いやー、面白かったです!


 企業として殺し屋を雇って仕事をさせている組織に属する女子高生殺し屋二人が、高校卒業を機に社会に適応するために賃貸暮らしを始めてバイトを探すよう会社から命じられる・・・という、設定的にはファンタジーのアクション・ブラックコメディなのですが、なんとも言えない味わいの独特の世界観を作り上げています。


 まず主人公二人は殺し屋なのですが、彼女らには切迫感や深刻さが一切ありません。殺しの仕事に遅刻しかける、弾倉を入れたままの服を洗濯機にかけてしまう、銃器の隠し場所を忘れる、現場で武器を落としてしまう・・・ここらへんの演出は「よくそんなので殺し屋が務まるな!」というツッコミを誘うのではなく、ハイティーン女性二人の人間味が微笑ましく、思わずほっこりしてしまう鑑賞者本人を「そのノリおかしいやろ!」という苦笑いの方に引き込んでいきます。


 殺し屋が主役のアクション映画なので、たくさんの人間が殺されて死体の山になっちゃうのですが、その死体の描き方に少し特徴があるなと感じました。ジョン・ウィックの流れるようなカメラワークが少ないので、死んだあともわりとそこに白目向いて横たわっているカットが多いなと思うのです。ドンドンパンパン次から次へフレームアウト・・・というリズムではないのですね。かといって『メランコリック』のようにはジットリしていない。「殺し」に対しての不思議な距離感です。これは本作全体を覆う「善悪の彼我にある、あっけらかんとした殺人行為」という味付けのために意識的に付けられた演出のように思えます。脱色し過ぎない絶妙の味わいのグロテスクさがあるのです。ここは学生時代から殺人映画を撮り続けてきた阪本監督の本領発揮なのでしょう。


 さらにこの映画の最大の見所はそういった殺人やグロといったエクストリームな描写と、あまりにもリアルなハイティーン女性の生活感や気だるさ、若さゆえあるあるな葛藤を並列で描ききるどころかそれらを強力に結びつけて、「同じ人格の少し角度の違う見え方」くらいのさり気なさでパッケージしちゃったところだと思います。プロの殺し屋がそのだらしなさで仕事で失敗するわ、止むを得ないとはいえ私情でヤクザにカチコミかけるわ、報酬無しの大量殺人に同僚を巻き込むわ、もうめちゃくちゃ。
 でも、そこが良いんです!あり得ない設定にあり得ない脚本に、心の底から感情移入できる主人公二人の日常ともがくような心象風景。これは観た人でないとなかなか伝わらないと思うのですが、『メランコリック』の脆さや危うさを後ろに感じさせる多幸感溢れるエンディングとも違う、瑞々しさに溢れた爽やかな映画体験でした。


 肝心のアクションですが、私は100点をあげてもいいと思います。素晴らしかったですね。私は『RE:BORN リボーン』『狂武蔵』の坂口拓アクションがあまり好きではなくて・・・(冒頭のコンビニ面接からの格闘シーンは明らかに『RE:BORN リボーン』のオマージュに見えますが)。この映画の格闘シーンは実戦にありそうな不細工なバタバタも有り、アップやカットでごまかさないカメラで、何が起きているのか、戦っている者同士が次に何を意図して動き出すのかがきちんと伝わってくる撮り方をしていて物凄く好みです。ソダーバーグ監督『エージェント・マロリー』の格闘シーンにもう少しケレン味を加えたような印象でした。アクション監督の園村健介氏はパトレイバーメタルギア、バイハザなどのドラマ・ゲームのアクション監督を務められた方で、絵的な派手さよりも文脈を大事にする私好みの格闘シーンを作られる方のようです。
 なにせ現役スタント俳優の伊澤彩織のぶっきらぼうな佇まいが総合格闘家浜崎朱加選手にそっくりでひと目惚れしてしまいました。渡部役の三元雅芸とのクライマックスの格闘シーンは本作の白眉です。カッコよかったなぁ・・・

f:id:upaneguinho:20210925170132j:plainf:id:upaneguinho:20210925170146j:plain



 バイプレーヤーとしてはお掃除屋さんとして呼びつけられる田坂さん役の水石亜飛夢が最高でした。本作ナンバー1のシーンは主人公役の髙石あかりとの掛け合いです。仕事をしてたら絶対こういう人いるっていうキャラ造形に、なぜか渓流釣りの出で立ちでランディングネットをぶら下げている・・・管釣りで遊んでいるところを急に呼び出されたのか、機嫌があまりよろしくない。そして、プロの殺し屋に仕事の事で上からの説教をするところなんか最高です。今年の脇役ナンバー1は『ビルとテッドの時空旅行』に出ていたアンソニー・キャリガン演じるフリーザみたいなポンコツ暗殺ロボット「デニス・ケイレブ・マッコイ」でしたが、彼を超えましたね。『黄龍の村』では主演のようで、楽しみです。

f:id:upaneguinho:20210925170244j:plain


 最後に、本作のメッセージについて感じたところなのですが、ラバーガール大水洋介演じるコンビニの店長、本宮泰風演じるヤクザはいずれも、主人公二人が対峙する「世間」を代表するおっさんです。そしてシャレがわからずキモくてウザい。主人公二人の居心地良い世界に踏み込んでくる不愉快を象徴する男性達です。本作では主人公二人がたまたま殺し屋なので暴力と銃で痛快な仕返しをやりとげますが、現実ではなかなかそうもいきません。だけども、ラスト付近の伊澤彩織の自分を許して肯定する述懐に触れたときにはたとあの印象的なイントロの妄想シーンを振り返って、我々は我々の大事なスペースを守るために心の中で取りうる手立てはいろいろあるぞ、フィクションの暴力を弄ぶ自由を失うな、なんて言われているのかなとニヤニヤしながら映画館をあとにしました。

 

 池袋シネマ・ロサ、素敵な映画館でした。

 

 

 

映画『デッド・ドント・ダイ』ジム・ジャームッシュ監督

f:id:upaneguinho:20210904135317j:plain

Amazonプライムで鑑賞しました。

とてもじゃないですけど素直に丸呑みできる脚本じゃないです。キャスティングを決めてからそれぞれの俳優にあて書きしたようなストーリー。不条理とも破綻とも言えないよく分からない味わいでした。

映画として、脚本としては、とてもジャームッシュ作品『パターソン』やコーエン兄弟の『バーン・アフター・リーディング』を超える評価はできないですけど、それでも配役と役者の演技には代えがたい価値のある映画です。

ビル・マーレイアダム・ドライヴァーティルダ・スウィントンクロエ・セヴィニースティーヴ・ブシェミダニー・グローヴァー・・・好物しか出てないくらいの勢い。私は『コンステンティン』で大好きになったティルダ・スウィントンが期待を裏切らない気味の悪さと切れ味を存分に発揮してくれて、彼女の活躍だけでこの一本は楽しめました。

f:id:upaneguinho:20210904135346j:plain

ビル・マーレイアダム・ドライヴァーの掛け合いはもちろん最高ですが、今まで見たことのない人間臭い、ちょっと鈍くさいクロエ・セヴィニーがそこに加わって、彼女の可愛らしさが際立って素敵でした。

f:id:upaneguinho:20210904135407j:plain

 

ゾンビ映画なのに登場人物たちがわりとすんなりと現実を受け入れる奇妙はテンションや、パニック・アクションがありながら全くテンポを上げないストーリーテリング、キャラ造形やステレオタイプ通りのオチが付くかと思えばふわりとそれを外したり、とにかく変な映画です。

本作に出演もしているスティーヴ・ブシェミが監督した『リターン・トゥー・マイ・ラヴ』に似た、「外して、外して、ストーリーを進める」リズムに良く似ていたなと思いました。

映画『ザ・ファブル』江口カン 監督、岡田准一 主演

f:id:upaneguinho:20210809175224j:plain

 酷評が目についていたので映画版はスルーしていたのですが、コミック原作がとても気に入っているので映画版を鑑賞してみました。

 これ、過小評価だと思います。面白かったです。前半のところで「命とは」の問答を安田顕岡田准一でやりとりする大事なシーンが唐突だった(そこまでのインコの掘り下げが足りない)ところとかコミック原作をなぞりすぎてファブルの上手下手絵や職場の同僚の隠し撮りの件は蛇足だろうとかのいくつかの難点はあるものの、全体的にはやりたいことはしっかり伝わってきました。

 冒頭、遠慮なしの『ブラック・レイン』『キル・ビル』押井版『GHOST IN THE SHELL』オマージュの畳み掛けから「Killer Soundboy (DJ B=BALL Remix)」のブンブンデジタルサウンドに乗せた銃撃乱闘シーンもノリノリでカッコよかったです。ただ、ファブルの背後の壁に人の形を避けた銃痕がつくルパン三世風演出は余計でしたが。あれではファブルの技術や特殊な能力の納得性が台無しになって、ただの主役=無敵設定に見えてしまいます。

 福士蒼汰コンビ登場、そして発砲シーンからの挿入歌「帰路知らず」は明らかに『パルプ・フィクション』の場面転換演出を引いていて、その直截さも私にはかなり楽しめました。曲そのものもパルプ・フィクションのThe Revels「Comanche」に寄せて作曲されています。

 仕事の後、証拠となる銃身(バレル)だけを海へ捨てて、その沈むバレルを水中に追いながら何本もの過去の仕事で使ったバレルを見せてオールディーズ風挿入歌「You Threw My Heart Away」を被せてオープニングタイトルに入るのも、Netflix『アーミー・オブ・ザ・デッド』の超秀逸なイントロスローモーションに通じる今どきハリウッドアクション風のナイス演出だと思います。

 ハリウッドと言えば安顕のハコスカを借りてケツを振りながらガレージから飛び出す様はジョン・ウィックそのものですし、隠れ家で拳銃の銃身を自作するシーンは風俗トラブルで自滅するヒットマンジョージ・クルーニーが演じた『ラスト・ターゲット』でのイタリアの隠れ家で仕事用のライフルを自作するシーンを彷彿させます。

 クライマックスのアクションシーンでは、岡田准一福士蒼汰のグレーチングを挟んだ上下の打ち合いシーンが印象的でした。ブレイクダンスをするように銃撃を躱しながらフロア下の福士蒼汰めがけて発泡する岡田准一を映すこのシーンは、アクションシーンでよく使われる工場などの足場のスカスカ感の怖さを上手く突いてると思います。このアクションシーケンスが私にとっての本作ベストでした。

 途中のストーリー部分も実力のある役者を無駄に散りばめたおかげで鑑賞を挫折するほどの大失敗をせずにつながっていると思います。江口カレン監督は「これがやりたい!」とアイディアがある脚本にはとても密度の高いシーケンスを作る才能があると思うので、あとは全体的なストーリーテリングがこなれてくればとても楽しみな監督であると思いました。

角幡唯介 著『極夜行』文藝春秋

f:id:upaneguinho:20210809133314j:plain

 さすがの面白さでした。

 著者本人がやり遂げた極地探検が桁外れな題材なのでそれはもう面白いに決まっています。しかもその探検家は元新聞記者で読ませる文章を書くものだから極上探検紀行になっています。クーラーの効いた部屋でアルコール片手に極寒の極地探検ノンフィクションを読める幸せ・・・。


 もう少し極地探検に関する技術論が多いのかなと思ったら、光が無さすぎて狂気の狭間に迷い込んだ人間の、モノクロームの中でのモノローグの話でした。


 真っ暗だと人間はどうなるか。


 光が無いと物の輪郭が無くなる。そうすると、物の区別が無くなるから概念上で物の区別をすることが出来なくなる。そうすると、言葉が役に立たなくなる。

 だとか、

 光があるから世界が見える。世界が見えるから行動予測や、行動計画ができる。世界が見えなくなれば予測や計画が出来なくなる。そうなると未来が無い世界に閉じ込められることになる。極夜に身を置くと言うことは希望がなくなるということである、

 という、ただのハードコアなエクストリームノンフィクションにとどまらない非常に深淵な探検記です。

 程よくお下品で、程よくシリアスで、めちゃくちゃドラマティック。

 犬好きの方にもおすすめです。

 著者が極夜行にパートナーとして随行させるソリ犬がとってもキュートなんです。著者はこの犬を橇引きに白熊警戒に、そして精神的なパートナーとして大いに頼りにしながらも、行程が狂い食糧難に陥った時には生き延びるためにこの犬を食糧として計算に入れるというシビアさに胸が打たれました。

 生き延びるということは綺麗事じゃないと強く印象付けられました。


 自分が特に興味深く読んだポイントは二つで、一つはいくら探検家といっても極地で命の危険と隣り合わせでも自分の怠惰さや自堕落さと戦わなければいけないということです。非常に人間らしい葛藤が生々しく語られていました。そしてもう一つは光の無い世界で状況判断の材料が乏しくなると、人間がいかにバイアスや思い込みに支配されやすくなり、自己不信に陥るかということでした。

f:id:upaneguinho:20210809134132j:plain

 映画の冒険譚のように冷静に危機対応するなんて無理なんだろう。誰も聞いていない叫び声を上げながら、魂を凍えさせ震えさせながら生き延びようともがく、ただただ圧倒的にリアルな極地探検の物語でした。

f:id:upaneguinho:20210809134104j:plain

 

『未来からの遺言 -ある被爆者体験の伝記-』伊藤明彦 著、岩波現代文庫

f:id:upaneguinho:20210808192124j:plain

 凄い読後感の本です。


 8月6日のあれやこれやで思うところがあり、2012年に復刊されるもすでにプレミア価格(定価920円→Amazon新品3,726円)になっているこの本を取り寄せ、昨日と今日で読み終えました。なんとか8月9日に間に合いました。


 今まで太平洋戦争に関する本は何冊も読んでいますが、原爆に関する書籍はお恥ずかしながら初めてです。『はだしのゲン』も全部読んだという記憶はありません。
 この本が読みたいリストに入ったきっかけは2020年11月18日放送のTBSラジオ「アフター6ジャンクション」で映画ライター・てらさわホーク氏が紹介していたからです。お叱りを恐れずに申し上げますと、戦争・核兵器・平和といったテーマではなく、純粋に書籍として興味を持っておりました。


 千人以上の被爆者へインタビューを行い、その肉声をアーカイブして音声作品として各地の公的機関、平和祈念施設へ寄贈するという活動をライフワークとした、本人も長崎で原爆をリアルタイムに経験した著者が、ある一人の被爆者のインタビューとその後の親交、その被爆者の長崎原爆後の来し方について書かれた本です。


 多くは語りません。語れません。


 ちょうど中盤「暗転(P127)」から始まる迷子にどっぷりハマってください。単純な読み物ではないです。不謹慎は承知の上ですが、こんな題材でなければ私はエンターテイメントとして絶賛していたでしょう。


 繰り返しますが、凄い読書経験になると思います。心地よい感動とかまったくそんなことはなく、戸惑いと思索を繰り返しながら、核兵器と人間という極大な関係性にあぶり出された一個の生命が人間らしさを取り戻す格闘を、パラノイアと呼んでもよい筆者の執念が見出し、記録した本作を、とにかく畏敬の念を持って指でなぞるようにたどっていくことになると思います。


 ルポタージュでありながらノンフィクションの枠で捉えられない、凄本でした。

タサン志麻 著『ちょっとフレンチなおうち仕事』ワニブックス

f:id:upaneguinho:20210806144516j:plain

 予約の取れない伝説の家政婦タサン志麻さんの本。テレビによく出ているみたいですね。僕はまったく知りませんでした。文化放送のラジオに出演されていたのを聴いて初めて知りました。

「ほぼ塩だけで味を決めるフランスの家庭料理」「フランス料理の基本は『放置』」なんていうコメントが聞こえたのでフランス料理の入門書として買ったのですが、ほとんどは古民家を舞台にしたライフスタイルや質実剛健ミニマリズムを良しとした道具の話でした。

・道具は少なければ少ないほど料理は上達する。洗い物が減って負担が減る。
・包丁はほとんどペティナイフで済ませる。
・調理はほとんど菜箸で済ませる。すぐに洗えるから。
・台所は狭いほうがいい。移動の少ないコクピットであるべき。

 なんていう、たくさんのご家庭の台所で仕事をしてきた彼女ならではの切り口で、家事仕事の「ハードルを下げる」ことが逆にかっこいいと思えてくる内容は素敵だなと思います。

増田 薫 著『いつか中華屋でチャーハンを』スタンド・ブックス

f:id:upaneguinho:20210806144003j:plain

 玉袋筋太郎マキタスポーツもファンである自分が中華が嫌いなわけがない。

 TBSラジオ「ライムスター宇多丸 アフター6ジャンクション」で取り上げらたことで知りまして本作を買って読んでみました。中華屋さんでチャーハンやラーメン以外の亜流メニューを食べ続け、その美味しさや奥深さ、歴史や時に「なんの思いつきだよ!」というテキトーさに魅了されていったあるミュージシャンの自筆漫画コラムです。

 中華料理屋で食べるオムライスはなぜ美味いのか、中華料理屋のカレーには4つのカテゴリーがある、中華料理屋のカツ丼はあんかけ、中華うどんってなんだ?、中華料理屋の生姜焼き定食ドカ盛りについて、などなど読んでるだけで胃薬が欲しくなる、だけども猛烈に食欲をそそる謎食感の漫画コラムです。

 面白い!

 取材先はほぼ関東から西。関西は大阪、神戸、広島そして福岡などなど。自分が行ったことや住んだことのある土地が多くて親近感が湧きました。

 1番の魅力は中華料理屋の亜流メニューや発祥不明の料理の成り立ちについて、実食とお店の人へのインタビューをもとに独自の考察をしていくところです。ネットや書籍にあたったりすることは最低限で、「多分こうなんじゃないか?」という真面目とテキトーのあいだのいい湯加減でまとめているところが「ああ、自分も中華料理屋に繰り出してその思考をたどってみたい」と思わせる余白を残してるんですね。

 編集者に「漫画描ける?」と聞かれ、テキトーに始めた連載のせいか、脱力した決して上手と言えない絵。それととっても瞬発力のある料理イラストのシズル感とのコントラストも味わいのうちです。著者本人が言っていましたが『クッキング・パパ』に影響されているそうです。

f:id:upaneguinho:20210806144022j:plain

 ラーメンやチャーハンを外した亜流メニューがテーマであるのになぜこのタイトルなのか?は最後まで読めばわかります。そして、カバーを外したら出てくるなんとも素敵な表装。泣かせますね。

f:id:upaneguinho:20210806144049j:plain