読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろぐの垂れ流し

LOVE定額の相手に着信拒否されたことあるか?!

『LONESOME JIM / リターン・トゥー・マイ・ラヴ』_映画

f:id:upaneguinho:20150618214942j:plain

 

さすがスティーブン・ブシェーミ。
監督作では敢えての「外しっぱなし」の妙技。
誰がなんと言おうと、僕の「好きな映画」である。

 

残念ながら日本未公開の本作、ひたすら役者が凄い。

キラー・インサイド・ミー』とのギャップに戦慄するケイシー・アフレック。

ギャラに執着しないせいか、既に「枯れ」を演技の幅に組み込んできている リヴ・タイラー

僕には『バッファロー’66』での愛おしい役柄が忘れられないケヴィン・コリガン。

ジョン・ウォーターズスパイク・ジョーンズに起用されているメアリー・ケイ・プレイス。

そして、画面に出ているだけで抜群の安心感シーモア・カッセル

 

映画人としてスティーブン・ブシェーミがいかに愛されているかが伝わってくる。