読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろぐの垂れ流し

LOVE定額の相手に着信拒否されたことあるか?!

映画・movie『カンパニーメン』(アメリカ、2010)

映画

f:id:upaneguinho:20140621125753j:plain

 

【監督】ジョン・ウェルズ
【脚本】ジョン・ウェルズ
【出演】ベン・アフレック:ボビー・ウォーカー
     クリス・クーパー:フィル・ウッドワード
     ケヴィン・コスナー:ジャック・ドーラン
     マリア・ベロ:サリー・ウィルコック
     ローズマリー・デウィット:マギー・ウォーカー
     クレイグ・T・ネルソン:ジェームズ・サリンジャー
     トミー・リー・ジョーンズ:ジーン・マクラリー


クリス・クーパーは泣かせた!

そして、トミー・リー・ジョーンズやケヴィン・コスナーの「食わせてやる」ことへの所帯の大小を問わない責任感は長としての規範を見た気がした。

 

フィナンシャルな金額の話がぽんぽん飛び交う本作、舞台が造船業を足がかりにした重工業を本業とする企業であることも、製造業回帰への願いと、行き過ぎた資本主義に対する批判が見てとれて、当時のアメリカ人の気分が感じられて興味深い。

 

ベン・アフレックが職を失った後、なかなか芳しくない求職活動の中で自分の生活水準を身の丈になかなかあわせられないくだりは身につまされる。

質素倹約とパートナーの大事さを再認識。

 

とにかく、良い役者が良い演技をしている良作。

 

【余 談】
最近わが社に中途入社してきた先輩社員二人(お二人とも一流メーカー出身)と酒を飲む機会があった。雇用保険の手続きの関係でハローワークに行く機会があったそうだが、そのときの様子を語って、「職がある有り難味が身にしみるから、一度いってみなさい」と。

 

「会社で起こるだいたいのことは我慢できるようになる」

 

 

カンパニー・メン [DVD]

カンパニー・メン [DVD]

 

 

 

 

 

摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に [DVD]

摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に [DVD]