ろぐの垂れ流し

LOVE定額の相手に着信拒否されたことあるか?!

『二ツ星の料理人(Burnt)』 映画感想

『二ツ星の料理人(Burnt)』 監督: ジョン・ウェルズ出演: ブラッドリー・クーパー アダム・ジョーンズ シエナ・ミラー エレーヌ オマール・シー ミシェル ダニエル・ブリュール トニー マシュー・リス リース ユマ・サーマン シモーネ エマ・トンプソン ロ…

『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』ハンス・ロスリング 他

ジャック・アタリの『危機とサバイバル』、堤未果の『日本が売られる』、森永卓郎の『なぜ日本だけが成長できないのか 』などを読んでいると、どうしても世界や未来に対して悲観的になってしまうので、この本を手にとってみた。 世界各国の人々の所得、健康…

日本人の原罪

事実や数字をかくも軽んじる日本人の価値観の上位にあるもの。日本人の反省と学習と成長を阻んでいる " it "って何なんだろう。 数も数えられない役所に自分や家族の財産や生命を喜んで預けたがるほど、僕はマゾヒスティックな人間ではない。 政権交代にもつ…

十三人の刺客(1963) 

『十三人の刺客』 1963年 日本 125分 監督: 工藤栄一出演: 片岡千恵蔵 島田新左衛門 里見浩太郎 島田新六郎 内田良平 鬼頭半兵衛 丹波哲郎 土井大炊頭利位 嵐寛寿郎 倉永左平太 西村晃 平山九十郎 月形龍之介 牧野靭負 河原崎長一郎 牧野妥女 水島道太郎 …

『シング・ストリート 未来へのうた』

監督: ジョン・カーニー出演:フェルディア・ウォルシュ=ピーロ コナールーシー・ボーイントン ラフィーナマリア・ドイル・ケネディ ペニーエイダン・ギレン ロバートジャック・レイナー ブレンダンケリー・ソーントン アンベン・キャロラン ダーレンマー…

『エル / ELLE』(2016年フランス)

監督: ポール・ヴァーホーヴェン原作: フィリップ・ディジャン『エル ELLE』(早川書房刊)出演: イザベル・ユペール ミシェル・ルブラン ロラン・ラフィット パトリック アンヌ・コンシニ アンナ シャルル・ベルリング リシャール ヴィルジニー・エフィ…

『ウォールフラワー / THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER』

『ウォールフラワー / THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER』(2012) 監督: スティーヴン・チョボスキー製作総指揮: ジェームズ・パワーズ スティーヴン・チョボスキー 原作: スティーヴン・チョボスキー 『ウォールフラワー』(アーティストハウス刊/集英社…

『女神の見えざる手』

『女神の見えざる手』 上映時間 132分、製作国 フランス/アメリカ初公開年月 2017/10/20監督: ジョン・マッデン脚本: ジョナサン・ペレラ出演: ジェシカ・チャステイン エリザベス・スローン マーク・ストロング ロドルフォ・シュミット ググ・ンバータ…

先入観無しで観て欲しいお勧めミーハーアクション映画3本

僕が好きなアクション映画と言えば金字塔の『ダイ・ハード』、コンバットシューティングの演出が秀逸な『コラテラル』、役者も豪華だしいちいちマニアックな描写をする『RONIN』なんですが、ここでは「自分の好みで劇場に足は運ばなかったけれども、観てみた…

銃を使った格闘技という身体性の拡張~映画『ジョン・ウィック』

久しぶりにガン・アクションで「凄い!」と思う映画を観ました。『ジョン・ウィック』の「身体性の拡張」ってなんだ?というお話なのですが、キアヌ扮するジョン・ウィックのガン・アクションが非常に格闘技的なのです。 本来、遠くの標的を破壊もしくは殺傷…

iPhone7 Plusに機種変更したおかけで長年の悩みだったオートコンプリートの入力確定方法がやっと分かった話

はじめに 問題点(候補文字列を入力確定できない) そもそも何と呼ばれる機能なのか 解決方法(オートコンプリートの入力確定方法) なぜ気付いたか お役立ちリンク はじめに 長年iPhoneを使用してきてイライラしていたことが解消しましたので報告します。 …

「思っていたより想定外だな」_映画『シン・ゴジラ』

誰ですか、この映画を「EVAだ!」なんて言ってたの(笑)。サントラの印象が強かったのでしょうけど、私なりに言わせてもらうと災害人災戦争映画。これってエンターテイメントか?と思わせるくらいのギリギリ商業的なパッケージでした。そして実は音も画像も…

『グランド・ブダペスト・ホテル』

監督: ウェス・アンダーソン出演: レイフ・ファインズ、F・マーレイ・エイブラハム エドワード・ノートン、マチュー・アマルリック シアーシャ・ローナン、エイドリアン・ブロディ ウィレム・デフォー、レア・セドゥ ジェフ・ゴールドブラム、ジェイソン…

『白痴』坂口安吾

作中では井沢が白痴の女性と性交渉していたかっていうのは明らかには書かれていないけど、おそらく肉体関係はあったんだろう。でも私には白痴の女性と性交渉を持つという変態性は、この作品においてそれほど重要ではないように読めた。 職場や文化的な空気や…

『ブルー・リベンジ』(原題:Blue Ruin)

監督: ジェレミー・ソルニエ出演: メイコン・ブレア、デヴィン・ラトレイ、エイミー・ハーグリーヴス ケヴィン・コラック、イヴ・プラム、デヴィッド・トンプソン 僕はいつも映画を良いとか悪いとかで語らないようにしています。 そりゃさすがに雑な映画や…

『コンスタンティン』

監督:フランシス・ローレンス出演:キアヌ・リーヴス ジョン・コンスタンティンレイチェル・ワイズ アンジェラ・ドッドソン /イザベル・ドッドソンシャイア・ラブーフ チャズジャイモン・フンスー パパ・ミッドナイトマックス・ベイカー ビーマンプルイッ…

『欲望のバージニア / LAWLESS』(2012)

監督:ジョン・ヒルコート出演:シャイア・ラブーフ、トム・ハーディ ゲイリー・オールドマン、ミア・ワシコウスカ ジェシカ・チャステイン、ジェイソン・クラーク ガイ・ピアース、デイン・デハーン いやー良かった! 何が良いってガイ・ピアース。この映画…

『ファーナス/訣別の朝 OUT OF THE FURNACE』(2013)

監督:スコット・クーパー出演:クリスチャン・ベイル、ウディ・ハレルソン ケイシー・アフレック、フォレスト・ウィテカー ウィレム・デフォー、ゾーイ・サルダナ サム・シェパード 随分前に観たのですが、妙に痛い心の引っ掻き傷のようなものを残した映画…

『コロンビアーナ / COLOMBIANA 』(アメリカ/フランス 2011)

監督: オリヴィエ・メガトン 製作: リュック・ベッソン 出演: ゾーイ・サルダナ カトレア ジョルディ・モリャ マルコ レニー・ジェームズ ロス アマンドラ・ステンバーグ カトレア(9歳) 想像の3倍は良かったです! 正直言ってリュック・ベッソンが絡ん…

『複製された男 / ENEMY』(カナダ/スペイン 2013) 映画・MOVIE

監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ 原作: ジョゼ・サラマーゴ 『複製された男』(彩流社刊)出演: ジェイク・ギレンホール アダム/アンソニー メラニー・ロラン メアリー サラ・ガドン ヘレン なんか人気ないですね~。不条理小説を不条理に映画にしたら、やっ…

『ランブルフィッシュ / RUMBLE FISH』(1983 アメリカ) 映画・MOVIE

監督:フランシス・フォード・コッポラ 原作:S・E・ヒントン 出演:マット・ディロン 、ミッキー・ローク、ダイアン・レイン デニス・ホッパー、ダイアナ・スカーウィッド、ヴィンセント・スパーノ ニコラス・ケイジ、クリストファー・ペン ようやく観ま…

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』(原題 『CHEF』)映画・movie

監督: ジョン・ファヴロー 出演:ジョン・ファヴロー カール・キャスパー ソフィア・ベルガラ イネス ジョン・レグイザモ マーティン スカーレット・ヨハンソン モリー オリヴァー・プラット ラムジー ボビー・カナヴェイル トニー エイミー・セダリス ジェ…

『どら平太』映画・movie

いやーー、いいっすね、コレ!! 私は昭和51年生まれ。時代劇と言えば「必殺」と「鬼平」しか知らない世代。(水戸黄門はおいておいて) 映画と言えばクロサワを必死こいて追いかけていた時代劇ロスジェネ代表です。とは言え、なんだかんだで『13人の刺客』…

本 『殺戮にいたる病』『絶叫』『その女アレックス』

昨日、『殺戮にいたる病』を読了しました。 伝説のラストシーンとやらを体験。 叙述トリックを使った「本格」なんだそうです。・・・正直言うと、本は一回読んだだけで楽しめないとしんどい私には「本格ミステリー」は向いていないですね。 同じくらい気持ち…

映画・movie『3時10分、決断のとき』

ラッセル・クロウとクリスチャン・ベールの絡みは安定感抜群で素晴らしい。ベン・フォスターはキレキレでカッコいいし、ピーター・フォンダは馬鹿渋。 地上げや現金輸送車(馬車)襲撃、凶悪な無法者の護送、汽車の時間待ちなんていう設定も秀逸。 素材はそれ…

映画・movie『パンクチュア 合衆国の陰謀(PUNCTURE)』

日本未公開。たまにこういう映画に、無警戒なところを金属バットで殴られたような衝撃を受けます。『インサーダー』よりも『エンロン』よりもこの作品は衝撃的でした。『不都合な真実』よりも不都合でしょう、これ。TPPと日米並行協議で日本が向き合わないと…

映画・Movie『新しき世界』

www.youtube.com なんで韓国ではこういう映画が作れて、日本から出てこないのかなぁ~? なんの期待も予備知識もなく観たこの映画、面白かったです。 正直、韓流ブームの反動で「韓国映画??」という気持ちがないわけではないですが、それを差し引いても僕に…

映画・Movie 『アウトロー』

想像していたより3倍は面白かったです。 『コラテラル』といい、この人は小品といってもいい映画ですごく面白い役をやる・・・。 『コラテラル』のときのコンバットシューティングも痺れたけど、本作の格闘シーンは『エージェント・マロリー』とはまた違った…

Gyao! で海外ドラマ、映画の動画が再生できない問題が解決した_Sleipnir4_Adobe_Flash_Shockwave_Clash

備忘録です。 2015年7月中旬くらいからGyao!が再生出来なくなりました。 いろいろ試してみると、海外ドラマ、映画が引っかかる様子。 Gyao! のサイトに載っているタイトルとだいたい一緒なので技術的な制約の模様。 インフォメーション:映画、海外ドラマ、…

『LONESOME JIM / リターン・トゥー・マイ・ラヴ』_映画

さすがスティーブン・ブシェーミ。監督作では敢えての「外しっぱなし」の妙技。誰がなんと言おうと、僕の「好きな映画」である。 残念ながら日本未公開の本作、ひたすら役者が凄い。 『キラー・インサイド・ミー』とのギャップに戦慄するケイシー・アフレッ…